事業再生コンサルティングの事業パートナー

事業再生請負人の松本光輝自身が再生を経験し、25億の負債から再起。困難にあえぐ経営者の方を二人三脚で倒産から救います。経営改善、経営改革、リスケ、事業再生コンサルティング、融資・金融機関対策なら

財務、経理、帳簿のQ&A

決算書や財務諸表の作成は会計事務所に任せているが・・・

Q. 決算書や財務諸表の作成は会計事務所にお任せなのですが、いつまでもそれではいけないような気がします。何から手をつければよろしいですか?

A.まずはB/S(賃借対照表)、P/L(損益計算書)それに資金繰り表は押さえておいて下さい。

帳簿上の金額と、実際に手元に残る金額が合わない・・

Q. 帳簿上の金額と、実際に手元に残る金額とが何故か合いません。どうすれば解消できますか?

A.月次のP/L(損益計算書)を必ず作成するようにして、毎月のお金の流れを把握できるようにして下さい。

その上で不整合がありそうなポイントを検証してみれば、必ず原因が見つかる筈です。

丼勘定の予算編成を脱却したい

Q. 予算作成がいつも丼勘定で、こんなのでいいのか心配です。 適切な予算作成の手順についてレクチャーください。

A.必ず、きちんとした“資金繰り”の精査に基づく“事業計画(予算)”を作成してください。

なお事業計画作成上の注意としては、

1.出金に入金を合わせるのではなく、入金に出金を合わせる
2.お金の使途として、銀行への返済は一番後回しで構わない
3.支払の発生するものに関しては、1つ1つ費用対効果を検証してから

の3点です。