事業再生コンサルティングの事業パートナー

事業再生請負人の松本光輝自身が再生を経験し、25億の負債から再起。困難にあえぐ経営者の方を二人三脚で倒産から救います。経営改善、経営改革、リスケ、事業再生コンサルティング、融資・金融機関対策なら

企業概要・相談時の状況 | 学習塾の再生事例 (1/6)

年の暮れの慌ただしい頃、知り合いの税理士から、顧問をしているA杜のオーナーから事業継続について相談を受けたとのことで、事業パートナーに対応依頼がありました。早速面談を行うため、オーナー宅に赴きました。

オーナーW氏の相談内容は以下の通りでした。

「A社は学習塾を経営しており、創業40年とかなり歴史もあります。知人が立ち上げたものを、事情があって自分が面倒を見るようになって、かれこれ30年です。景気の良い時には利益はある程度出たのですが、ここ10年は赤字続きで、累計損失が1.6億円に膨らみ、欠損体質に陥ってしまいました。

自分が資金を支援してきましたが、欠損体質からは抜け出せず、このまま続けてもいずれ破綻してしまうでしょう。

自分としては今後の資金援助はできませんが、何とか立て直して塾を存続させたいのです。今後立て直すための手段、手法があるのかを見極めてほしいのです。どんな経営形態になろうとも、なんとしても学習塾を閉鎖したくありません。」

同席した税理士から資金繰り表が配られましたが、これを見て唖然としました。この表からは今月末に資金が不足することが分かりました。

正月を越せそうにありません。直ちに資金流出を止めないと倒産することになります。

早速、オーナーに説明し、早急な対応が必要なことをご理解いただきました。オーナーは事の重大さを認識し、事業パートナーに支援を要請しました。

3名の役員が中心となって学習塾を実質運営しているということで、キックオフでは3役員と経理担当の出席を要請しました。

企業概要

・業種 学習塾
・従業員 約20名

・売上高
   平成21年8月期263,000千円  (経常利益 ▲30,000千円)
   平成20年8月期295,000千円  (経常利益 ▲25,000千円)
   平成19年8月期329,000千円  (経常利益 ▲17,000千円)

・備考 創業40年

相談時借入残高 約35,000千円(月返済額約1,850千円)