事業再生コンサルティングの事業パートナー

事業再生請負人の松本光輝自身が再生を経験し、25億の負債から再起。困難にあえぐ経営者の方を二人三脚で倒産から救います。経営改善、経営改革、リスケ、事業再生コンサルティング、融資・金融機関対策なら

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)とは?~事業再構築まとめ

(事業再構築とは!選択と集中、そのための手法 [4/4])

事業や商品を評価する手法の一つであるPPMを紹介します。PPMはブロダクト・ポートフォリオ・マネジメントのことで、ポストンコンサルティンダが開発した予法です。縦軸に市場成長率、横軸に相対市場シェアをとり、事業あるいは商品のポジショニングを設定します。

PPM

例えば、現在問題児のポジショニングにいる事業・商品はシェアが低く売上も低いですが、市場成長率が高いので販売戦略を施行することによって花形になる可能牲があります。

花形の事業・商品は市場成長率が高く、シェアも高い状態であり、今後市場が飽和してきた時は成熟した商品なので投資が少なくて利益を生む金の生る木に移行します。

現在金の生る木の事業・商品は、現在は儲かっていますが将未的に売れなくなる時期に撤退戦略を検討する必要があります。

現在負け犬の領域の事業・商品は将来性が見込めないので撤退を考えます。

このように事業・商品のポジショニングを分析して、選択と集中を進めることが重要です。

事業再構築のポイントの結論

事業の再樽築とは、以下の3点に尽きます。

1.何を生かし、何を捨てるかを見極める。

2.現状のCFに合わせた支出をする。

3.限られた資源で最大の生産性を上げる方法を見つける。

利益の上がることに集中すればお金は貯まります。

今日やるべきこと、明日やるべきこと、明後日やってもよいことを論理的計算によって決めなければならないのです。これが選択と集中です。