事業再生コンサルティングの事業パートナー

事業再生請負人の松本光輝自身が再生を経験し、25億の負債から再起。困難にあえぐ経営者の方を二人三脚で倒産から救います。経営改善、経営改革、リスケ、事業再生コンサルティング、融資・金融機関対策なら

経営指導プロ養成学院(スマイル36)参加者の声

「具体的・実践的ですぐにも使える内容が豊富」


受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

お客様の金融支援をどうやって行っていくか、その手法がよくわからなかった。

何が決め手となり申し込まれましたか?

貴社の実績

実際に参加されてみていかがですか?

講義の内容が、具体的・実践的ですぐにも使える内容が豊富で明日から学んだことを実践できそうです。
4日間の講義で、お客様の金融支援の手法・ツールをいただきましたので、あとは実践するのみです。ただ、まだ企業再生の初歩を学んだだけなので、これからも、ご指導お願い致します。

(S会計事務所 S様)

「経営者が会計事務所に求めているのは何か、どこが不満なのかということが分かりました」


受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

顧問先の減少、値下げ

何が決め手となり申し込まれましたか?

松本先生の講義を受けてみたかったからです。

実際に参加されてみていかがですか?

経営者が会計事務所に求めているのは何か、どこが不満なのかということが分かりました。
経営者のやる気を起こし、元気にしてあげないといけないと思いました。
他県の税理士の先生方と話すことができ、とても刺激になりました。

(株式会社K M様)

「税理士とは異なる切り口の講義」


受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

経営者の考え方
経営者との会話における意思疎通及び専門用語における障害
経営計画必要性の有無

何が決め手となり申し込まれましたか?

日税サービスでのセミナー受講
資金繰りから始まった公認会計士、税理士とは異なる切り口の講義

実際に参加されてみていかがですか?

経営者にとっての資金繰りの重み
正しい言葉より解り易い言葉
法律は知っている者の見方
経営計画必要性の理解

(K税理士事務所 K様)

「すばらしく充実した、濃密な、わずか4日間でした」


受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

不安は特にありませんでした。課題としては、曖昧な知識を明確にできるのではと感じておりました。

実際に参加されてみていかがですか?

予想以上の出来事でした。

マイナス面は、己の知識どうこうの話ではなく、実践にもとずく、裏づけや根拠が、全く甘い事に気づかれさました。すごさを痛感しました。

プラス面は、マイナスを感じることができたお陰で、いかに実践、現場が大事かという事。
しかも、生きていると表現すべきのノウハウの鮮度の良さ。さらには、これを身につけた暁には、という思いまで抱かせてくれた、すばらしく充実した、濃密な、わずか4日間でした!!

(A事務所 Y様)

「多くの知己を得た」


受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

税理士として、中小企業の再生にどれだけ取り組めるのだろうか?

申し込むにあたり、ネックになった点、悩んだ理由があれば教えてください

他の予定とバッティングしてないか?

何が決め手となり申し込まれましたか?

40時間というハードさ

実際に参加されてみていかがですか?

事業再生に一歩だけ足を踏み出した感じ。
多くの知己を得たこと。
息子にも、知識の一旦を伝えられたことがよかった。

(税理士 大野様)

「生きると言うことを真剣に考えて実行していこうと思いました」

受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

事業再生というものが何なのか、具体的に分からなかったこと。

何が決め手となりスマイル36を申し込まれましたか?

事業再生の現場を少しでも知りたいと思った為。
(実務では未経験であり、当然本からだけでは限界がある)

実際に参加されてみていかがですか?

いつもそうですが、先生の「本気」を伝えて頂いて、元気が出ると同時に、「このままではダメだ!」という気持ちを強く感じ、気持ちを新たに頑張ろうと思いました。

[所感]

4日間(36時間)ありがとうございました。
事業再生の事例から、「判断(何が一番かを決めること)と「決断(それをやることに決めること)」という言葉の意味の違いまで、本当に多くのことを教えていただきました。

研修内容の全てを吸収する意気込みでしたが、研修会の途中から、自分は事業再生の知識が乏しいのは現段階ではやむを得ないにしても、今までの生き方そのものがスカスカだったのではないかと考えるようになりました。

特に先生の「99%の完成度と100%の完成度は全く違う」という言葉がとても胸に響きました。冒頭で書きました「判断」と「決断」の違いにしましても、正直言葉の意味の違いをはっきり意識したことが無く、先生のお話がなければ一生気づかないままであったかもしれません。そういったいわゆる中途半端な生き方とは決別し、もっと生きると言うことを真剣に考えて実行していこうと思いました。
(中略)
本当にありがとうございました。「全ての出会いは必然である。」 先生との出会いも正に必然ですので、それを今後最大限に活かしていきたいと思います。

(P税理士法人 T様)

「資金繰りに悩む顧問先に、今よりもずっと具体的な助言ができるように」

受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

税理士として独立して早いもので8年以上が経ちます。

ひたすら日々の実務に追われながら年月を重ねてしまい、これから5~10年のスパンで考えたときにどのように事務所を継続していくべきか、今後あらゆる局面に置いてグローバル化が避けられない中で何を自分の強みにできるか、何か解決の糸口ほしいと思っていました。

申し込むに当たり、ネックになった点、悩んだ理由があれば教えて下さい

松本先生のセミナーでの講義は素晴らしかったのですが、スマイル36を受けて、今後仕事として実際身につく成果が得られるのか、25万円という受講料についても費用対効果があるのだろうか、と非常に悩んでしまいました。

何が決め手となりスマイル36を申し込まれましたか?

行動しないで悩むだけでは何も変えられないと思ったためです。

大多数の旧態依然とした会計事務所は、今後の生き残りは厳しいと松本先生がおっしゃっていただことが非常に引っかかり、とにかく受けてみようと決めました。

実際に参加されてみていかがですか?…

金融機関対策の基本がようやく理解できたこと、事業計画の重要性を実感できたこと。

特に資金繰りに悩んでいる顧問先のために、今よりもずっと具体的な助言ができるだろうと思えて嬉しくなったこと。

健全な黒字の会社を増やすことによって日本経済を立て直すこと→私達がその一助になれるのだという大きなミッションが見えたこと。

40時間の講義はとても刺激的で楽しく、勉強熱心なメンバーの皆様とも知り合うことができてとても勇気づけられました。ありがとうございました。

(税理士 F様)

「数字の裏付けなどを意識するようになりました」

受講される前に、どのようなことで悩んでいましたか?

事務所の方向性や商品となるべくラインナップなど

何が決め手となりスマイル36を申し込まれましたか?

MAP経営の教材で柳澤さんのセミナーの中でスマイル36の紹介があり興味を持ちました。

実際に参加されてみていかがですか?

非常に濃いセミナーで刺激になりました。
セミナーの音声をiPodに移して、車の中で何度も繰り返し拝聴しています。

物事を深く考えること、数字の裏付けなどを意識するようになりました。

学んだこと(顧客のカルテ作成など)とひとつずつ実行に移すようにしています。まず、自分の机の中の整理から始めました。

(U.A様)

「他では得られない2日間でした」

保証人、手形不渡りの知識がなかった。 今まで基本的なことも知らなかった自分が恥ずかしい。

他では得られない2日間でした

(2日目終了後の税理士 T様)

「お客様に感動を与えるやり方を知った」

今まで曖昧な所が具体的に理解できました。

深くかかわっていかないとお客様に感動を与える事が出来ないと知りました。

(2日目終了後の税理士 Y様)

「刺激的で参考になった」

ゲスト講師の話は参考になった。 特にY税理士の話は同業者として刺激的で参考になった。

今まで基本的なことも知らなかった自分が恥ずかしい。

(税理士 W様)

「関与先のことを深くかかわっていかないとお客様に感動を与える事が出来ない」

関与先のことを深くかかわっていかないとお客様に感動を与える事が出来ない。 今まで記帳代行という枠外で、資金繰り表、関与先の利益獲得を積極的に関わり人間力を磨いていきたいと思いました。

実行していくことが重要なことであると感じています。

(税理士 H様)

「会計事務所だからこそ、数字に強い経営者を育てていかなければ」

事業再生についての研修は初めてのことであり、いい経験をさせていただきました。

この研修で学んだことをこれからの仕事に役立たせることが、実行していくことが重要なことであると感じています。

特に、今回の研修では、まずコンサルタントという職業は、お客様に対して、絶対的な自信、確信の元に納得して理解してもらい、共感をいただくことが必要なものであるということを肌で感じました。
(中略)
私たちがしっかりとお客様を正しい道へ導いていかない限り、日本の中小企業は元気がなくなってしまいます。会計事務所だからこそ、数字に強い経営者を育てていかなければならず、その一つの方法を学ぶ、いいきっかけになりました。

自分の弱点を補強していくつもりです。

(F会計事務所 K様)

「今まで聞いたことがないことばかりだった」

今まで聞いたことがないことばかりだったので一度では身につかないと思っています。何度も復習しながら自分の弱点を補強していくつもりです。

早く実践してみたいと思います

(K会計事務所 K様)

「こんな研修を待っていた!」という感じ」

具体的な事例が多く、理解が深まった。基本を確実にマスターし、早く実践してみたいと思います。

事業再生に必要な基本的な知識は身に付けたつもりですが、最終日の例題を出されてみて、まだまだ能力不足であることを痛感しました。

事業再生支援センターを立ち上げ、早速受注をしながら力をつけていきたいと思います。

とても参考になりました。「こんな研修を待っていた!」という感じです。

(M会計事務所 M様)

「自分の―生の仕事とする価値があると思えるようになりました」

数年前から事業再生案件を何件か手がけてきましたが、多くの場合、弁護士や金融機関の要請を受けて、財務DDや収支分析、資金繰表作成などの数字を作る仕事に甘んじて来ました。面倒な作業を押し付けられてばかりというのが実感で、再生スキームの前面に立って主導することができないのが悩みでした。
(金融機関の都合に振り回されてしまう)

特に、金融機関との交渉では、「返済できない」という負い目があって、どうしても守勢に立たされてしまい、リスケジューリングの交渉でも追加融資を引き出して終りとなるなど、不十分な成果しか残せていません。
(成功報酬もらえず)

今回の研修では、金融機関の考え方とその対処方法が理解できたことが大きな収穫でした。この領域は、お客様の人生が懸かっているので「経験して失敗しながら覚えていく」ということが難しく、不安が先に立ち思い切った交渉ができませんでした。

今後は、金融機関と対等に交渉していけるようにスキルを磨いていきたいと思います。
(中略)
経験的に「事業再生はビジネスにするのは難しい」と思い込んでいましたが、今回の研修を通じて、充分にビジネスに成り得ることが実例を通して教えていただきましたので、自分の―生の仕事とする価値があると思えるようになりました。
(以下省略)

(N会計事務所 T様)